158歩 流れに身をまかせて 編

野原川 CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f4 15" M NISI-ND1000 photo : toshimasa
野原川 CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f4 15" M NISI-ND1000 photo : toshimasa

つい先日初めて訪れた 野原川の魅力にはまってしまいました。今回は少し下流側を散歩していきたいと思います。

魅惑の川 野原川

皆さんこんにちは。本日もカメラを持って散歩をしていきます。先日初めて訪れた野原川という川。その魅力の虜になってしまったようで、また行ってきました。この川 下流域は渓流釣りが行われているために 歩ける範囲としては約1kmほどなのでしょうか 川沿いに道路が走っているのでそこを歩きながら探していきます。素敵な場所があっても、下に降りることができなかったりするのが残念ですが 楽しい場所です。河岸を降りることができる場所を探して行くのですが、足場は良くないので、滑らないしっかりした靴を履いて行くことを勧めます。


先回訪れた時より、風はありましたが 積極的にNDフィルターを使って撮っていきます。私の使っているNDフィルターはNISIというメーカーの円形フィルターで77mmの物なのですが。風景をカラーで撮るには 安心して使えるフィルターだと思います。以前試しに安いフィルターを使ったことがあるのですが、色が変わってしまうんですよ。フィルターを通した時の色の変化が激しくてモノクロで現像するならそこまで気にしなくてもいいのかもしれませんが、風景をカラーで出したい場合には安心できるメーカーのものを使うことをお勧めします。

野原川 CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 70mm f8 1/60 M photo : toshimasa
野原川 CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 70mm f8 1/60 M photo : toshimasa

この川の魅力は、大きめの岩がたくさん点在していて、流れの表情が豊かであること。緑豊かな木々に覆われているために美しい緑と、木々の間から差し込む木漏れ日が美しい。ことですね。聞こえるのは 激しい川の流れの音だけです。時折横の道路を車が走っていきますが、ほとんどかき消されて聞こえません。車から降りた時に耳に入ってくる川の流れの音の大きさに驚きますよ。常に滝がそばにあるような音量です。

野原川の散歩は まだまだ続きます。

 

今回の散歩はここで終わります。

また次回の散歩でお会いしましょう。