140歩 お気に入りの写真を額装する 編

皆さんこんにちは。 散歩写真の時間です、今回は散歩ではなく 写真の額装をみていきたいと思います。なかなか見ることができない額装風景 初めて見る方もいるかと思います。参考になれば幸いです。


皆さんは、撮りためた写真のデータはどのように管理していますか?その中のお気に入りの写真はどうしてますか? 全てPCの中に眠っていませんか?

写真データの保管

写真のデータってどんどん増えていきますよね。私も毎回散歩に行くたびに 100枚、200枚と増えていくので 膨大な量のデータになってしまっています。 一旦はPCに取り込み、お気に入りの写真はそこから現像処理して別フォルダーに保存しています。 そして月に一度、PCから膨大な写真データを外付けの自動バックアップ付き大型HDDに移動させています。これで絶対的に安心とはいえませんが、トラブルは起きていません。


写真のプリントは

では、その写真の中で特にお気に入りの写真はどうしているか。 写真に現像して額に入れて飾っています。家族写真のようなものは、小さなサービス判や2L判で写真たてへ。風景写真は一旦A4サイズで写真店でプリントしてもらって クリアファイルへ。A4サイズのプリントは、1枚1000円ほどです。その中から特に気に入ったものを大型プリントで 全紙サイズにプリントしてもらいます。写真店で3000円ほどでやってもらってます。

いよいよ額に入れます

大型の写真にするとそのままでは飾れませんので、額縁に入れています。では全紙サイズの写真を額に入れていく過程をみていきましょう。

私がいつもお願いしているお店は、絵画用の額縁を扱っているお店です。写真店より素敵な額縁が多いのでそちらにお願いしているのですが いい額縁が揃っていますよ。 全紙サイズの写真にぴったりのサイズの額縁は実はないのですが、水彩用の額縁でF10サイズの物が比較的バランスよく入るので、そのサイズの額縁から選びます。 今回選んだ額は、同志舎 というメーカーの ポムという額です。渋い茶色の枠に金の装飾が入っています。

 

ちなみにA4サイズの写真だと デッサンサイズの額縁で「四つ」というサイズがバランスよく入るみたいです。

マットを選んで写真のサイズに合わせて 加工してもらいます。今回選んだマットは 白の3mmの物です。あとは店員さんにお任せ。 空いていれば30分ほどで出来上がりです。本当に丁寧に作業してくれます。この店員さんは絵だけではなく写真にもかなり詳しいので、相談に乗ってくれます。これでまた一つ宝物を飾ることができます。

 

今回お世話になったのは 画材・額縁のアート・ワン というお店です 皆さんも気になったら写真を持って相談に行かれると、親切に色々教えてくれると思いますよ。

 

今回の散歩は この辺で終わります。

また次回の散歩でお会いしましょう。