139歩 ワクワクする地下通路 編

ルーセントアベニュー CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f5.6 1/15 M photo : toshimasa
ルーセントアベニュー CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f5.6 1/15 M photo : toshimasa

皆さんこんにちは カメラを持って出かけていますか? 写真ブログ「散歩写真」をやっていますtoshimasaです。 本日もカメラを持って散歩をしていきましょう。本日の散歩の場所は、名古屋のルーセントアベニューという地下の通りです。新しいビルがどんどんと立ち並ぶ名古屋駅付近ですが ビルができればその周辺も新しく生まれ変わります。今回はルーセントアベニューというルーセントタワーに向かう地下通路に行ってきました。


ワクワクする通路

まるで遊園地への道のような遊び心満載の地下通路です。ウォールアートとライティングをうまく使った演出で、広告もオシャレに掲示されています。いろんなテーマごとの演出がされているようです。まずは赤い光に包まれた ミクロの世界でしょうか 人間が虫のように小さくなってしまった世界ですね。猫の目が怪しく光っています。

ルーセントアベニュー CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f5.6 1/20 M photo : toshimasa
ルーセントアベニュー CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f5.6 1/20 M photo : toshimasa

次は 海の中の世界ですね。青い光が綺麗です。

ルーセントアベニュー CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 35mm f5.6 1/15 M photo : toshimasa
ルーセントアベニュー CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 35mm f5.6 1/15 M photo : toshimasa

緑のライトのゾーンは 森でしょうか かなり怪しい雰囲気です。

ルーセントアベニュー CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f5.6 1/20 M photo : toshimasa
ルーセントアベニュー CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L iso100 24mm f5.6 1/20 M photo : toshimasa

紫の光の場所は 紫陽花とハス でしょうか。カエルがあちらこちらで飛び跳ねています。床にも小さなカエルがいて、人が近づくと波紋が映し出される仕組みが楽しいです。私はこの紫のゾーンが一番気に入りました。

写真は少しアンダー目に撮っています。実際はもう少し明るい感じですね。

撮影は全て手持ちで撮影しています。

今回は休日の早朝に訪れたのですが、人通りの多い時はカメラを持って立ち止まるのは通行の妨げになって危険ですので、自分のペースで写真を撮りたい方は 人の少ない時間帯を見計らって行くことを勧めます。くれぐれも通行している人の迷惑にならないように十分に配慮して写真撮影を楽しみましょう。特に三脚を使われる方は周りに配慮しましょう。

 

今回の散歩はこの辺で終わりたいと思います。

また次回の散歩でお会いしましょう。