127歩 月夜のロングビーチ 編

太平洋ロングビーチ CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 iso800 14mm f2.8 30" M photo : toshimasa
太平洋ロングビーチ CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 iso800 14mm f2.8 30" M photo : toshimasa

風もなく穏やかな、澄み切った夜空に 月が輝いていました。 さて、今夜はどこへ行こう。

月の光に誘われて 太平洋ロングビーチに行ってみましょう。楽しい時間が過ごせそうですね。


◇月光と夜の海

皆さんこんにちは。カメラ好きの方、写真好きな方、散歩が好きな方、ブログが好きな方、お集まりください。散歩写真を始めます。

今回の散歩は 赤羽の太平洋ロングビーチです。しかも夜 夜のビーチどんな散歩になるのでしょうか。楽しみです。

1日の用事を全て終わらせて、自分が楽しむ時間がやってきました。さてどこに行こうか 空を見上げると 澄み切った綺麗な夜空が広がっていました。少し欠けた月も綺麗に出ています。よし、前から気になっていた 赤羽の太平洋ロングビーチという所に行ってみよう。

機材を詰め込んで 出発です。 国道1号線をひたすら走ります。約1時間半程で到着しました。

季節外れのビーチ しかも夜中 当然誰もいませんよね。


真夜中のビーチで撮影


写真は 光がないと何も写りません。 夜の海 それも太平洋 この先には遥か彼方まで対岸はありません 対岸がないということは そこにある街明かりも当然ないわけで、真っ暗闇ですよ。そんな状況でカメラに何か写ってくれるのか すごく楽しみでした。真っ暗だから 春先天の川を見にくる人たちもいるぐらいですから。今日は月がまだ少し高い位置にあるので星は期待できそうもありません。 そう月がいました。綺麗に輝く月明かりに照らされている海を撮ってみましょう。


駐車場に車を止めて三脚とカメラを持って波打ち際まで歩いていきます。砂浜の海岸がすごく広かったです。駐車場に街灯が何本か立っていたので足元が見えないほどではありませんが、念の為首からライトを照らして歩いていきます。歩いた跡が綺麗な砂浜に残ってしまうので 端の方を慎重に歩いていきます。波打ち際少し手前に低く三脚を設置します。今回使うレンズは14mm超広角単焦点レンズです。

波が来る砂浜に三脚を設置すると 波が来たときに三脚周りの砂をえぐってしまって 動いてしまいますので 波が来ないギリギリの場所に立てましょう。

太平洋ロングビーチ CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 iso800 14mm f2.8 30" M photo : toshimasa
太平洋ロングビーチ CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 iso800 14mm f2.8 30" M photo : toshimasa

波打ち際が 月明かりに照らされて とても綺麗なすっきりとした写真が撮れました。 海も綺麗に写っています。案外写るもんですね。カメラって目では見えないものを映し出すことも可能なんですよね。

次に 反対側の空を撮っていきます。 先の方にいい感じの岩場がありました。月が画面内に入らないので星が少しは写ってくれるかな と 期待して撮ってみました。岩場も光を受けてはっきりと写ってくれていますね。 思っていたよりたくさんの星が写ってくれました。ここなら天の川も綺麗に見れるわけですね。岩に当たる波まで写っていますね ピントを無限遠にセットして撮影したので 岩と波は少しぼやけてしまっていますね。

太平洋ロングビーチ、少し遠いですが楽しい場所でした。また機会を見ておとづれたい場所です。

 

今回の散歩はこの辺で終わりたいと思います。

また次回の散歩でお会いしましょう。