120歩 初秋のくらがり渓谷 編

くらがり渓谷 CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX iso100 50mm f1.4 1/250 Tv photo : toshimasa
くらがり渓谷 CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX iso100 50mm f1.4 1/250 Tv photo : toshimasa

皆さんこんにちは 散歩写真の時間です。 今回の散歩は初秋のくらがり渓谷に行ってきました。

この渓谷は途中にモミジがたくさん植えられた場所があり 秋の紅葉の時期は綺麗だろうな〜 と思いながら いつも通るのですが 紅葉の旬の時期がすごく狭く ベストな紅葉をまだみれていません。 今回は偵察も兼ねて 少し早いとは思いますが 出かけて来ました。


いつものように 第一駐車場に車を止めて 機材を持って出発です。今回の機材はこちらです。カメラはメイン機の5Dmk2です。レンズは悩みましたが 50mmF1.4単焦点レンズ一本でいきたいと思います。 三脚を持っていきます。レンズは悩んでしまうと全部持って行こうってなっちゃうんですが、意外と割り切って これ一本で行こうって決めても なんとかなるんですよね。 なんとかなる写真しか撮らない というのか このレンズで撮れる写真を撮るからなのか。


まずは なぜだかいつも引き寄せられる 小屋の横の赤い橋です。 なんの変哲も無い小さな赤い橋なのですが、 静けさというのか 寂しさというのか 暖かさというのか そんな引きつけられるものがあるんです。 橋の奥にピントを合わせて 他がぼやけるように 絞り開放で撮っていきます。50mmなのでパースの効いた感じにはなりませんが 存在感は出ていますね。少し力強い描写になっていますね。うん いい感じです。

くらがり渓谷 CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX iso100 50mm f1.4 1/2500 Tv photo : toshimasa
くらがり渓谷 CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX iso100 50mm f1.4 1/2500 Tv photo : toshimasa

次は 道端のシダの葉に当たる木漏れ日を撮っていきます。今回も絞り開放で 葉にピントを合わせます。光と陰のコントラストを出すために シャッタースピードは早めに設定します。差し込む光をすくい取る感じで撮っていきます。背景が完全に黒つぶれしないように注意しながら露出を決めて下さい 真っ黒にしてしまうとスタジオで撮ったような写真になってしまいまう。 ある程度背景を残した方が いいと思います。


くらがり渓谷 CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX iso100 50mm f11 30" Tv ND400 photo : toshimasa
くらがり渓谷 CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX iso100 50mm f11 30" Tv ND400 photo : toshimasa

奥まで進んでいきましたが 紅葉はもう少し先のようでした。綺麗な紅葉に出会えることを期待して 戻ります。 最後に駐車場の横の滝を見にいきました。 すごく綺麗な光が差し込んでいました。滝を撮る時光があるとすごく撮るのが難しくなります。 滝の流れを綺麗に見せたいので長時間露光したい でも 光があると白とびしてしまう。 色々設定を試して ギリギリのところを狙っていきます。 結果から言うと もう少しシャッタースピードを短めにしても良かったのでは まだまだ修行が必要ですな。

 

今回の散歩はこの辺で終わりたいと思います。

また次回の散歩でお会いしましょう。