115歩 オレンジ色と黒の時 編

CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L ISO100 277mm F5.6 1/100 Tv photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 CanonEF70-300mmF4-5.6L ISO100 277mm F5.6 1/100 Tv photo : toshimasa

皆さんこんにちは 写真ブログ「散歩写真」をやっています toshimasaです。

本日もカメラを持って散歩していきましょう。 散歩の場所は近くの高台です。夕暮れ時に散歩できましたので 沈みゆく太陽を撮っていきたいと思います。

少し大きな木に囲まれた 高台に登りました。 持ってきた機材は カメラはメインカメラの5Dmk2です。 レンズは2本 70-300の望遠レンズと 50mm単焦点レンズです。今回はこれらのレンズの開放値で撮影してみたいと思います。 さてどうなるでしょう。


まずは 望遠レンズを付けて撮っていきます。せっかくの望遠レンズなので望遠端側で撮っていきます。 木の枝の間から太陽を狙います。木がしシルエットになるような感じで 背景をオレンジ色の空で埋めていきます。焦点距離は277mm 絞り開放でこの画角だとF5.6になります。ほんのりですけど背景の建物がボケてくれてます。 ピントは前面の枝に持っていきます。 空のグラデーション、葉の細かな描写 いい写りのレンズですね。 安心して使えます。 

CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX ISO100 50mm F1.4 1/2000 Tv photo : toshimasa
CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX ISO100 50mm F1.4 1/2000 Tv photo : toshimasa

次のレンズは 50mmF1.4の大口径単焦点レンズです。大口径とは大きなレンズという意味ではなくて 開放値の明るいレンズという意味です。 開放値が幾つ以下だと大口径になるのでしょうか? 夕暮れ時は時間との勝負です。 あっという間に太陽が沈んでしまします。 沈んだ後の空 マジックアワーも良いですが 今回は夕日を入れたいので ちょっと急いでいます。 レンズ交換の時にレンズの扱いは慎重にしましょう。 優しく動作を丁寧に 落とさないようにしましょう。 50mmだと先ほどと比べてかなり広い画角になりますね。こちらのグラデーションも綺麗ですね。先ほどの写真とは発色が若干異なりますね。 こちらの50mmの方が優しいというか あっさりした感じでしょうか 皆さんはどちらが好みでしょうか 今回もピントは手前の木に合わせています。

もしよろしければ ご意見ご感想をいただけると嬉しいです。

 

今回の散歩はこの辺で終わりたいと思います。

また次回の散歩でお会いしましょう。