112歩 星に嫌われた夜 編

面の木ビジターセンター CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 ISO400 14mm F2.8 71" M photo : toshimasa
面の木ビジターセンター CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 ISO400 14mm F2.8 71" M photo : toshimasa

皆さんこんにちは 散歩写真始めていきたいと思います。今回の散歩は星を見にいきました。携帯の天気を確認して 月の出入りの時間を確認して GPV気象予報も確認して 完璧な夜の始まりを予感させる条件でした。 雲ひとつなく 綺麗に晴れわたる予定で 機材を積んで出発します。道中で空を見上げるも すっきりと晴れ渡っています。真っ暗な夜空が広がっています。期待大ですね。車で走ること約1時間 私の星観察ホームの面の木ビジターセンター駐車場に到着です。この駐車場 街灯が全くなく 真っ暗闇なんです。 普通だとありえないぐらい真っ暗なんですが 星観察にはもってこいの場所で 大型の天体望遠鏡を並べている方もいます。


一瞬の満点の星空 の後に...

駐車場に入るところで 車のヘッドライトを消して スモールライトでゆっくりと進んでいきます。 邪魔にならない場所に車を止めて 外に出て空を見上げます。 そこには完璧な星空が広がっていました。 秋なので天の川がどーん!って事はないのですが 無数の星がきらめいています。星が見えすぎて星座がわからないほどです。 心の中でガッツポーズ!

よっしゃ 機材を出そう。 カメラ機材 折りたたみ椅子 折りたたみのテーブルを出し セットします。 カメラをセットして レンズをセットして よし撮影! 何処を撮ろう 空を見上げると えっ 何も見えませんけど....

面の木ビジターセンター CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX ISO400 50mm F1.4 30" M photo : toshimasa
面の木ビジターセンター CanonEOS5Dmk2 Sigma50mmF1.4EX ISO400 50mm F1.4 30" M photo : toshimasa

さっきまで目の前に広がっていた 最高の星空は 幻か? ってゆうぐらい雲が一面に広がっていました。 すぐに雲が移動するかなって思い 椅子に座って空を眺めていましたが。 30分ほど眺めていても一向に晴れない。 天気予報を確認すると 情報が変わっていました。 雲が広がっていました。 これはダメだな


◼️明るいレンズは凄い F1.4の明るさを実感


機材もセットしてあるし このまま帰るのも...  夜空に広がる雲を撮って見ました。最初は星空を撮る用の超広角レンズ 14mmF2.8です。 十分明るいレンズで 写りも素晴らしいお気に入りのレンズです。 星の撮影より感度を少し下げて 長時間露光して見ます。約70秒で真っ暗闇に浮かび上がる雲を撮ることができました。遠く南の街明かりが雲に反射してこんな感じに写ります。

 

次にレンズを変えて 普段星の撮影には使わない50mmF1.4にしてみました。感度は同じで時間は先ほどの約半分の30秒 普通に夕焼け空か ってゆうぐらい明るく写っています。明るいレンズって 素晴らしいです。


明るさは武器

こうやって比べてしまうと やっぱ露明るいレンズって て思いますよね。 でも、14mm F1.4なんて単焦点レンズは 存在しないのでは? 今までいろんなレンズを探してきましたが めぐりあった事がありません レンズメーカーさん こんなレンズできないのでしょうか? 希望ではフルサイズ用 12mm F1.4 単焦点レンズですね。 ぜひ作ってください。

明るいレンズは 何が良いのか? シャッタースピードを短くできる。 短くすると星の流れるのを抑える事ができます。 短くするとノイズを抑える事ができます。 また、撮影感度を下げる事ができる。 感度を下げるとノイズの発生を抑える事ができます。 こんな感じでいい事だらけなんですけどね。 期待します。

 

今回の散歩は この辺で終わりたいと思います。

また次回の散歩で お会いしましょう。