104歩 見上げる星空 編

坂井海水浴場 CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 photo : toshimasa
坂井海水浴場 CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 photo : toshimasa

Canon EOS 5Dmk2

SAMYANG 14mm F2.8 IF ED UMC

ISO1000 14mm F2.8 30" Tv

坂井海水浴場


皆さんこんにちは 写真ブログ「散歩写真」の時間です。 カメラを持ってお出かけしてますか?本日の散歩は 夜の海です。 夜中の海って皆さんどんなイメージですか 私が持っていたイメージは 真っ暗で何も見えない場所で 波の音だけがしている そんなイメージでした。 それが 場所にもよると思いますが 意外と明るくて 素敵な場所なんですよ。そんな魅力いっぱいの夜の海を2回に分けて散歩して行きましょう。 今回は 意外と見える星編です。


夜中の海が真っ暗だというイメージを持っている方だと 星は当然よく見えるでしょ っておもうと思いますが、それは新月や月の出ていない夜の事で 月が横で輝いているのに星は見えないでしょって思っていました。 確かに見にくいですが 意外と見えるんですよ。目が慣れてくると 月のすぐ横に位置している明るい星まではっきりと見えるんですよね。 

今回真夜中の海に行ったのは 月と海を撮るために行ったのですが 星空も眺めてきました。

月と海は 次回紹介します。


初めの写真は この空の左側に月が出ています。下の波消しブロックが月の光を受けているのがわかると思います。 月の月齢は11ですので 半月より少し丸く見える状態です。対岸からは三重県の鈴鹿や津市の街明かりがかなりの明るさでさしています。これより右側はセントレアがありこちらからも光が差し込んできます。こんな場所で カメラを空に向けてみました。

山で見る様な天の川が とまでは到底及びませんが 街明かりの上に広がる星空を撮る事ができました。

坂井海水浴場 CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 photo : toshimasa
坂井海水浴場 CanonEOS5Dmk2 SAMYANG14mmF2.8 photo : toshimasa

Canon EOS 5Dmk2

SAMYANG 14mm F2.8 IF ED UMC

ISO1000 14mm F2.8 30" Tv

坂井海水浴場


今度は 空の天頂方向にレンズを向けてみました。 画角が先ほどと比べて狭く感じますが 先ほどと同じ14mmで撮ってます。 他に写っているものがないと見え方が変わってきますね。薄明るい感じになっていますが よく見ると天の川が写っていますね 右下から左上に伸びている星の筋が天の川です。 写真上にある光の筋は 飛行機が飛んでいた光の跡です。カメラってすごいですね。今回のレンズは最小絞りがF2.8と比較的明るめなので それもあるのかもしれませんが もっと明るいレンズを使えば...なんて 思えてきてしまいます。なんだか新しい楽しみが増えた感じでワクワクしました。

今回のカメラの設定は ISO感度を高めのISO1000にして 30秒の露光をするので 長時間露光ノイズ処理をONにしてみました。

 

皆さんも 夜の海楽しんでみてはいかがでしょう。ただ 暗いので足元には十分注意してください。私も首から下げるライトを着けて行なっていますので。無理は禁物ですよ。

 

では 今回の散歩は この辺で終わりたいと思います。

次回は 月と海編ですね 楽しみにしていてください。