102歩 散歩の強い味方 LINEカーナビ 編

SONY DSC-RX100 iso100 10.4mm f1.8 1/20 M photo : toshimasa
SONY DSC-RX100 iso100 10.4mm f1.8 1/20 M photo : toshimasa

LINEカーナビ を使ってみた。


皆さんこんにちは 散歩写真の時間です。 今回の散歩はいつもの散歩と少し変えて 散歩の強い味方になるのではないかと思い、新しい機能を試してきました。

皆さんが友達との会話や電話などに使っている「LINE」から新しいサービスが出ました。それがLINEカーナビです。早速入手して試してみました。


入手方法は アプリのストアで「LINEカーナビ」と検索すると出てきます。 当然このアプリも無料です。位置情報や簡単な設定をして10分もあれば使えるようになります。実に簡単です。

ホーム画面を開くと 自宅と職場の設定ができるようなので してみました。

私は現在の車ではカーナビをつけていません。理由は通常のカーナビは更新が自動ではなくデータをインストールし直す必要があります。高いナビを購入しても無料の更新は数回まで、その後はかなり高額な設定の有料更新になっています。そこで カーナビを設置しないで YaHooカーナビ を使うようにしました。車の運転中はスマホを使うことはないので、運転中はスマホをカーナビとして使っています。 YaHooカーナビは常に最新の地図が使えて6年程 問題なく使っています。 今回はLINEカーナビの実力を実際に使って比べてみたいと思います。


夜中にドライブしてきました。

目的地は「太平洋ロングビーチ」にしました。検索は問題なく目的地が出ました。到着時間はちょうど1時間でした。ルートも問題ないルートを選んでいます。

まずはちゃんと機能しそうです。

では、ダッシュボードに固定して充電しながらスタートします。

 

LINEカーナビは横画面が使えません

 

スマホを横向きにしても、画面が回転しませんどうやらとこ向きには使えないみたいです。 地図の向きは北が常に上むきと、進行方向が上むき の2種類が選べます。私は進行方向を上むきにしました。

 

音声案内は非常に聞き取りやすい

 

案内の音声は女性の声ですが、少し低めのしっかりした声で 非常に聞き取りやすいです。最近の車はそれぞれの機器が勝手に喋り出すので 聞き取りやすい音声は非常に助かります。


ナビの地図は 夜間なので黒い地図になっています。昼間は白っぽい地図になります。時刻によって変化するようです。

地図は非常に細部まで精度よく描かれています。細かい側道なんかも描かれていたりします。

 

交差点の信号機号が小さすぎる

 

私がナビを使うときに一番気を使うところは曲がる場所です。どのぐらい先をどちらに曲がるという指示は常に上に出ています。緑の背景の指示だと 有料道路のような感じがしますが これは一般道での指示です。

右左折の音声案内はおよそ700m先で出ます。これは他のナビとおおよそ同じです。でも700mの場合 信号をいくつか超えた先で曲がる場合もあります。そんなときに画面内に信号マークがわかりやすく表示されているとわかりやすいのです。 小さすぎて確認できませんでした。

 

到着時刻の計算精度が悪い

 

上の写真から下の写真までの経過時間が約10分 到着時間が2分伸びています。スタートからは11分も伸びています。これはちょっと精度が悪いですね。少し時間に余裕を持っって移動しないといけませんね。YaHooカーナビの到着時間の計算はかなり優秀ですね。ほぼズレません。


そのほかに気になったのは 電池の消費量が恐ろしく多い 今回は充電しながら使用しましたが電気消費量が恐ろしく多いので なかなか充電されません。

まだ 有料道路や高速道路での使用をしていないのでなんとも言えない部分もありますが、側道への分岐や インターを降りる というような指示がわかりにくい です。大事な指示なのでわかりやすく指示して欲しいです。他のナビではクローズアップの画面が出たりしてわかりやすく指示を出しているのに残念なポイントですね。 また、車線の指示が曲がる直前にしか出ない 他のナビでは車線の指示が表示されて、右折専用車線等がある場合は音声の案内もあったりしますが、そのあたりの指示が全くありません。

良い点よりも気になる点の方が多い結果になりました。今後いろんな部分がアップデートで改善されていくとは思います。期待したいですね。 音声案内は本当に聞き取りやすくていいですよ


他のナビアプリから比べるとかなりの後出しになりますが、機能としてはまだかなり未熟な部分が目立ちますね。他のナビがかなり熟成されているのでその差が目立ちます。今後のアップデートで差が縮まる事を期待します。

 

このナビ Clovaと繋がっています。 運転中に聞いてみました。

何もスマホに触る事なく喋りかけるだけです。『ねぇ Clova、』で起動します。その後に聞きたい内容を言うと答えてくれます。到着時間は? とか教えてくれます。ちょっとイタズラな質問してみました。

『ねぇ Clova、何か歌って?』「はいわかりました」なぜか流れてきた歌は 「赤とんぼ」でした。 秋だから?の選曲でした。笑わせていただきました。

 

これからもいろんな状況で使っていきたいと思いますが、複雑な場所へ行く場合は YaHooカーナビを使うと思います。大阪の街中や東京を走る場合はもう少し細かな情報が欲しいですよね。あとトンネルでの動きも気になります。YaHooカーナビの場合 トンネル内では動かないのでトンネルに入る直前にトンネルから出た後の指示まで出たりします。細やかな情報が安心につながります。

 

今回の散歩はこの辺で終わりたいと思います。

また次回の散歩でお会いしましょう。