77歩 朝日を待つ場所 編

油ヶ淵 CanonEOS8000D SAMYANG14mmF2.8 photo : toshimasa
油ヶ淵 CanonEOS8000D SAMYANG14mmF2.8 photo : toshimasa

Canon EOS 8000D

SAMYANG 14mm F2.8 IF ED UMC

ISO100 14mm F8 1.6" Tv

油ヶ淵


皆さんこんにちは。 散歩写真の時間になりました。 今回のテーマは 朝日を待つ場所です。

皆さんは朝日が昇るのを待つことはありますでしょうか?

初日の出を毎年見に行かれる方は 日の出前からだんだんと東の空が色付きだして 朝日が出てくるのを今かいまかと 待っている あの高揚感を味わっていることと思います。

 

今回は 何気ない普通の日ですが 日の出を楽しんできました。

厳密に言うと 日の出前の時間が 大好きなんです。 出てきてしまうとなんだかちょっと そこまでの高揚感はないのですが 出てくる前の まさにマジックアワーと言われる時間帯の空が好きです。


そんな 神秘的な時間を求めて行ってきました。

まだ真っ暗なうちから 出発します。 今回機材の選択を予定とは違うカメラを持ってきてしまいましたが、いい感じで撮ることができたと思います。

予定では メイン機の 5Dmk2 フルサイズのカメラで広がりのあるグラデーションの空を撮ろうと思っていたのですが APS-C機の8000Dを持ってきてしまいました。

超広角レンズ14mmを付けると 換算22.4mmになります。

堤防の端に 三脚を設置して カメラをセットします。

 

この時の空は まだ夜空の名残を残している 濃紺の空で うっすらと東の空が色づき始めたばかりの状態でした。

油ヶ淵 CanonEOS8000D SAMYANG14mmF2.8 photo : toshimasa
油ヶ淵 CanonEOS8000D SAMYANG14mmF2.8 photo : toshimasa

Canon EOS 8000D

SAMYANG 14mm F2.8 IF ED UMC

ISO100 14mm F8 0.6" Tv

油ヶ淵


最初の写真から 約10分後には こんなに空が変化します。

空が濃紺から 透き通るような青色に代わり、地平線付近がさらに濃いオレンジ色に染まってきます。 この辺りが ピークだと思います。

 

このあとは どんどんオレンジ色が薄れて 空が白んできます。 そうしたらじきに太陽が昇ってきます。

堤防ですれ違う地元の方々と 挨拶やおしゃべりを楽しめるのも この時間の魅力だと思います。

皆さんのお気に入りの 日の出スポットは 何処ですか? 素敵な場所があれば教えてください。

 

では 今回の散歩は この辺で終わりにします。

また次回の散歩でお会いしましょう。