55歩 いつもと違う橋を見る 編

名港トリトン(青) CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L photo : toshimasa
名港トリトン(青) CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L photo : toshimasa

Canon EOS 5Dmk2

Canon EF 24-70mm F2.8 L IS USM

ISO100 24mm F4 6" Tv

名港トリトン 青い橋


皆さんこんにちは toshimasaです。 最近カメラ持って出かけていますか? 散歩写真の時間になりました。

今回もお付き合いください。

 

皆さん自分のお気に入りの撮影スポットって あると思います。

何度も足を運び 前も撮ったのに また撮りたくなる場所 って ありますよね。

 

私の場合 そのお気に入りの撮影スポットの一つに 名港トリトンがあります。

名港トリトン という橋は 名古屋港にかかっている橋で 伊勢湾岸高速の橋になります。

愛知県から三重県に向かって 青 白 赤 の橋が順に繋がっています。

いつも 気に入って撮っている橋は その中の白い橋を撮っています。


じゃあ 白い橋を撮っている時に 背中の景色は 気にならないのですか?

今まで 気にしたことはありませんでした。

 

でも ふとした時に 思ったのが 青い橋って 撮ってる人少ないな〜

どこから撮れるんだろう? 

 

で 調べて 行ってきました。


場所は いつも白い橋を撮っている 岬? のような場所の 反対側の岸壁から撮れました。

なかなかの迫力で 何で今まで撮らなかったんだろう っていうぐらい 気に入ってしまいました。

ライトアップもされていない時間帯だったので 暗闇でオレンジの街灯の光の中で撮影しているので、青の色は出ていませんが 迫力はあります なかなかの存在感でした。

対岸のオレンジの光も綺麗でした。

名港トリトン CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L photo : toshimasa
名港トリトン CanonEOS5Dmk2 CanonEF24-70mmF4L photo : toshimasa

Canon EOS 5Dmk2

Canon EF 24-70mm F2.8 L IS USM

ISO100 24mm F4 15" Tv

名港トリトン


今回はせっかくなので 普段スルーしているような物を 撮っていこう と思い

いつも 白い橋を撮っている場所に 移動して いつもと違う視点で 撮影してみました。

桟橋のトラス構造の骨組みの間から 抜ける光を 撮りました。

 

錆びついた桟橋のごつい感じと 対岸の光が雲に吸い込まれて 怪しい光に包まれる雲

海面に伸びる 対岸からの光の帯 それそれが いい感じに調和して 一枚の写真に仕上がりました。

 

皆さんも 普段撮影している場所 の背中に絶景が潜んでいるかもしれませんよ。

いつもと違う視点で みて見ることも面白い発見につながるかもしれません。

 

今回の散歩は ここまでです。

また 次回の散歩で お会いしましょう。