52歩 動いている物を捉える 編

矢作川付近 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo : toshimasa
矢作川付近 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo : toshimasa

Canon EOS 8000D

Canon EF 70-300mm F4-5.6 L IS USM

ISO100 160mm F4 1/40 Tv

矢作川付近


皆さんこんにちは。 散歩写真始めたいと思います。

今回の散歩のテーマは 「動いている物を捉える」 です。

動いている物を撮るときに よく使われる方法として シャッタースピードを早くして ウドいているものの瞬間を捉えたり 連写で瞬間を捉える方法と、 少しシャッタースピードを遅めにして 物が動いている様子を捉える方法があります。 

動きの予想ができないものは 瞬間を捉える方法しか ないのかと思いますが 例えば 鳥とか虫とか 動きが予想される物は シャッタースピードを遅めにして 流し撮りという方法で撮ることができます。 

 

流し撮り とは 対象物をカメラで追いながら シャッターを切るのですが シャッタスピードが遅いので 背景が流れているよように写る 写真の撮り方です。

スピード感のある 動きを感じられる写真になります。


今回は 流し撮りの 練習をしていきます。

対象物は 身近なもので 動きのはやい物 ということで 新幹線を選んでみました。

予想以上に早かったです。

カメラは 軽いほうがいいかと思い EOS 8000D にしました。

レンズは 手ぶれ補正のモード切替がある EF 70-300 L を使っていきます。

手ぶれ補正のモード選択は メーカーによって色々あるかと思いますが

一般的には 縦横補正 と 縦補正 と OFF があるのではないでしょうか

今回は カメラを横に動かすので 縦のみの手ぶれ補正 モードを使います。

矢作川付近 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo : toshimasa
矢作川付近 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo : toshimasa

Canon EOS 8000D

Canon EF 70-300mm F4-5.6 L IS USM

ISO100 155mm F4 1/30 Tv

矢作川付近


あとは ひたすら 新幹線に合わせて カメラを動かすだけです。

 

とは言っても なかなか難しいです。

対象物のスピードとカメラを動かすスピードがぴったり合わないと 撮れません。

ファインダー内で対象物の位置が変わってしまうと ブレた感じになります。

何度も何度も 繰り返して やっと数枚撮れました。

 

色々奥が深いです。 対象物との距離も変わってしまうと ピントがずれてしまいます。

少し離れた場所から 望遠で狙うのがいいとは思うのですが。

まだまだ 練習が必要ですね。

でも 夢中になっちゃいますよ 楽しいです。

 

では 今回の散歩は この辺で終わりにしたいと思います。

また次回の散歩で お会いしましょう。