49歩 月を見上げて50年を思う 編

月 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo : toshimasa
月 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo : toshimasa

Canon EOS 8000D

Canon EF 70-300mm F4-5.6 L IS USM

ISO500 300mm F5.6 1/500 Tv


皆さんこんにちは 写真ブログ「散歩写真」の時間です。

今回は 月を眺めていきたいと思います。

 

皆さんは 月 って好きですか? 私は好きですね〜

毎日同じ時間に見ていると 見える場所や 満ち欠けが変わるので 面白いです。

今日は綺麗に出てるな〜 とか 雲がかかって情緒的だな〜 とか

夜の写真撮影でも 風景に積極的に入れ込んだりしますね 月明かりで撮れる写真は柔らかい光で撮りやすいですね。

 いつも見上げている月 ですが 50年前の今日 アポロ11号が月面着陸をした日です。

1969年7月20日 まさに今日 月の表面を歩いた人がいるんですよ

あれから 50年 アポロ計画で月面に降り立った12人以降 人は立っていません。

私は あまり月に行くことに興味はわきません あくまでも 見上げる専門です。

 

そんな月ですが 普通に撮ると 意外と小さいのですよ。

皆さんもそんな風に感じたことはありませんか?

○○ムーン なんて名前のついた月を スマホで撮ってみたけど ちいさっ! ってね。


そこで必要になってくるのが 望遠レンズです。 最低300mmほどは欲しいです。

できれば 400〜500mmあれば 完璧です。

あっ 今回はあくまでも月をある程度の大きさで撮影して 表面の様子まである程度映し出したい時の設定ですから。

 

私の手持ちのレンズで 一番の望遠は300mmです。

それを APS-Cセンサのカメラに取り付けると なんと 焦点距離が480mm相当になるんです。

カメラレンズの焦点距離は フルサイズカメラを基準に数値が表記されているので

Canonの場合 APS-C機だと1.6倍の 480mmになるんです。

300mmと480mmの差は 大きいですよ。

月 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo : toshimasa
月 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo : toshimasa

Canon EOS 8000D

Canon EF 70-300mm F4-5.6 L IS USM

ISO500 300mm F5.6 1/400 Tv


それでは 撮影していきます。

月は 太陽の光を反射して光っている様に見えます。 これが意外と明るいので

三脚がなくても 手持ちで撮影することが可能です。

まず ISO感度ですが いつもの100では流石に厳しいので 400〜800程度に上げましょう。

絞りは 開放か一段絞ったぐらいで 持っているレンズに合わせてください。

撮影するレンズは そんなに明るいレンズでなくても大丈夫です。

シャッタースピードは 他の設定にもよりますが 1/400〜1/800程度がいいのではないでしょうか。 いろんな設定で撮ってみましょう。

撮った 月を背面モニターで確認して 白飛びしている様であれば 少し露出を下げましょう。

シャッタースピードを上げるか 感度を下げるか など

クリーム色 というか 黄色っぽく写っているのは 明るすぎかな って思います。

 

あとは 画像を取り込んで トリミングです。

トリミングしてあげると 大迫力の月と会うことができますよ。 試してみてください。

 

では 今回の散歩は ここまでです。

また 次回の散歩で お会いしましょう。