35歩 朝の琵琶湖を眺める 編

琵琶湖 CanonEOS8000D Sigma50mmF1.4 photo:toshimasa
琵琶湖 CanonEOS8000D Sigma50mmF1.4 photo:toshimasa

Canon EOS 8000D

Sigma 50mm F1.4 EX DG HSM

ISO100 50mm F16 0.6" Tv

琵琶湖 米原付近


琵琶湖を眺める 朝の贅沢


皆さんこんにちは 散歩写真の時間ですよ〜

今回は 朝の琵琶湖をのんびりと眺めていきましょう。 これも散歩です ね

薄雲が広がり 風もほとんどなく 穏やかな 朝です。

米原付近からの琵琶湖なので 朝日は見えません。



写真で 撮影した時の空気感や その時感じた気持ちまで伝える事が出来たら 超一流のカメラマンになれるのでしょうね。

少しでも伝わればと思い モノクロで仕上げてみました。

はっきりした 白黒ではなく 全体的に淡いグレーの世界です。

みていただいた 皆様が 何かを感じていただければ 嬉しいです。

 

絵でも 写真でも そうなんですが 感じた事に正解も不正解もないと思います。

写真も自分の手を離れて 公開された瞬間から みた人が感じた事が正解になるのです。

それが 撮った人の思いと重なれば 伝わった ってなります、でも 何かを感じてくれれば嬉しいですよ 励みになります。


琵琶湖 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo:toshimasa
琵琶湖 CanonEOS8000D CanonEF70-300mmF4-5.6L photo:toshimasa

Canon EOS 8000D

Canon EF 70-300mm F4-5.6 L IS USM

ISO100 176mm F8 1/200 Tv

琵琶湖 米原付近


次は やや望遠レンズで 切り取っていきます。

今回も 同じように グレートーンで仕上げました。

構図的に 水面・山・空 の三分割構図ですね。 って そんな事はどうでもいい事で

何かを感じていただきたいですね。

あまり教科書通りの完璧な構図を求めると 写真が整いすぎて 逆につまらない 何も伝わらない写真になってしまうのではないかと 少し思います。

ただ 全く無視することもできません 加減が大事ですよね。

重なり合った それぞれの山のグレー 空のグレー 水面のグレー 全て違うんですよね。

私は ずーと ぼーっと 眺めている事ができる いい写真だな〜 って思います。

情報が 少ないから 目移りもしないし 望遠レンズで撮影した事で 圧縮効果がきいて まとまりがあるのかな〜

心が 落ち着きます。

 

皆さんが感じた事を コメントいただけると 嬉しいです。

 

今回の 散歩はこの辺で終わりにしたいと思います。

では 次回の散歩で お会いしましょう。