26歩 RAW vs JPEG現像 #1 編


皆さんこんにちは ブログ散歩写真の時間です。

「お手軽に綺麗な写真が撮りたい」と日々模索しています。

今回は いつもと少し変えて カメラについて少し考えていきたいと思います。

 

皆さんは カメラで撮影する時 デジタルカメラを使っていますか?

その時 画像データを保存するのですが カメラ本体のメモリーに保存したり 

メディア(SDカード や CFカード)に保存していると思います。

その時の データ形式は Jpegですか? RAWですか?

お手軽な 携帯やスマホの画像データは Jpegです。

少し本格的な コンデジや ミラーレス一眼 デジタル一眼 のカメラなどは

選択ができると思います

Jpegのみ RAWのみ Jpeg+RAW の三種類の中から選べます。

 

では、どれを選べば良いのでしょう。

一番手軽なのは Jpegです。

撮った写真を 簡単に移動できて すぐに読み込んで見ることができます。

最近だと スマホに読み込んで SNSにアップするって方も多いと思います。

そんな方は 断然Jpegです。

では RAWはどんな時に使うのでしょう?

 

写真をやっている方だと RAWで撮りましょう みたいな記事をよく見ると思います。

 

今回は そんなRAWとJpegを お手軽に綺麗な写真を撮りたい という方向けに

比較していきたいと思います。


RAW・JPEG元画像

Canon EOS 5Dmk2

Canon EF 24-70mm F4 L IS USM

ISO100 70mm F4 1/640 Tv

RAW

Canon Digital Photo Professional 4

JPEG

Lightroom mobile (ios) iphone6



まずは 上の三種類の画像を見比べてください。

森の中で木漏れ日が葉に当たっている そんな情景です

1枚目は 撮ったデータそのまま です いわゆる撮って出し ってやつですね

2枚目は RAWで撮って PCでCanon Digital Photo Professional 4 というソフト(Canonのカメラを購入した時に付いてくるソフト 以後 DPP )で読み込んで 調整したもの。

3枚目は Jpegで撮ったデータを スマホに読み込んで スマホ用のアプリ

 Lightroom mobile(モバイル用アプリは無料です 2019,6現在)を使って 調整したものです。


RAW・JPEG元画像

Canon EOS 5Dmk2

Canon EF 24-70mm F4 L IS USM

ISO100 80mm F4 1/80 Tv

RAW

Canon Digital Photo Professional 4

JPEG

Lightroom mobile (ios) iphone6



次の3舞の画像も 同じ調整を行ったものです。 

使っている現像ソフトの違いはあるかと思いますが。Jpeg-Lighroom mobile の現像 よくないですか?

 

RAWデータをLightroom mobileで現像は できないんです

有料版ならできるのですが あくまでも今回は お手軽にって って事なので

無料版の範囲で行っています。

 

少し長くなりましたので 今回の散歩はここまでです。

次回に続きます。