15歩 散歩のお供 5DmkⅡ 編

CanonEOS5Dmk2
CanonEOS5Dmk2

SONY DSC RX-100

ISO100 10.4mm F1.8 1/60


散歩のお供 メイン機材を紹介


皆さんこんにちは、散歩してますか?

皆さんの散歩のお供は何でしょう? 私のお供は 黒くて大きくて重い こいつです。

Canon EOS 5Dmk2です。

3年程使っています。10年ほど前に作られたフルサイズ一眼レフカメラです。

スペックは 画素数2110万画素 ISO100〜6400 シャッタースピード1/8000〜30" 810gです。

最新機種と比べてしまうと画素数は約半分、ISO感度は1/100程度ですが、まだまだ現役です。

普段の基本的な設定は 撮影モードはTv(シャッタースピード優先) ISO感度100

ホワイトバランスauto オートフォーカスは中央一点 露出をシャッタースピードで調整しています。 室内での撮影の時は ISO感度を800程度にします。 

設定をいじってられなくて 確実に撮りたい時は Pモードで ISO感度少し高め(400〜800)で撮影しています。確実に失敗のない写真が撮れますね。

CanonEOS5Dmk2
CanonEOS5Dmk2

SONY DSC RX-100

ISO100 10.4mm F1.8 1/60

5Dmk2が手元にきた経緯ですが、APS-Cサイズの一眼レフカメラを使っていて。いつかはフルサイズとの思いはずっとありました。フルサイズカメラをCanonで選ぶとなると 候補に上がったのは5D , 5Dmk2 , 5Dmk3 , 6D , 6Dmk2 でした。 これらの中から残ったのは5Dmk2 と 6Dmk2でした。選んだ条件は画素数が2000万以上あること、動画が撮れること、でした。

そして最終的に選んだのはCanon EOS 5Dmk2 です。理由は、信頼できる機種であったこと、防塵防滴機能がしっかりしていたこと、ボディー強度がしっかりしていたこと、でした。この点に関してやはり選んで良かったと悪条件で使えば使うほど実感します。画素数は最近のミラーレス機の高画素と比べると見劣りする部分はあるかもしれませんが、現像サイズが全紙サイズまでなので、十分に対応できています。グラデーションの写りは最高にいいです。

雨が降っている時も、雪が降っている時も 安心して使えます。

使っていて一番感動するのは、撮れる写真が本当に素晴らしいです。早朝や夕焼けの空のグラデーションなどは最新の高画素機にも負けないと思います。

5Dmk2で使っている周辺機器も一緒に紹介したいと思います。

カメラストラップは首から下げる一般的なものではなくハンドストラップを使っています。アクリュ、カシェバナーヌのオーダーカラーです。このストラップかなり気に入っていて他のカラーを3種類持っています。それから、三脚用ブラケットはLeofotoのLPC-5D2を使っています。5D2のL型ブラケットは専用の物はこれしかないので、レリーズも使いやすくしっかり作られています。

今年の11月でメーカーのサポートが終わってしまいますので一度オーバーホールに出そうと思いますが、特に不具合もなく使っています。これからも大事に使っていきたいです。

 

今回の散歩は机上の散歩になってしまいましたが

これで終わりたいと思います。

また 次回の散歩でお会いしましょう。