カメラの露出について考る


露出とは
カメラ関係の本やカメラに詳しい人のコメントなどによく登場する 難しい言葉 「露出」今更それって何ですか? って 聞き辛いですよね。
私なりに簡単に説明していきたいと思います。
露出とは、どんな感じに写真を撮るか ということを決める為の設定の事を言います。カメラで設定できるのは
「シャッタースピード・感度・絞り」の3つです。この3つの設定を色々組み合わせることで、思い通りの写真にしていくのです。
これだけだと、瞬時に3つの設定をしていかなければならないのかと思いますよね。ちょっとハードルが高い感じがします。が、大丈夫です。簡単に撮るためのコツも書いていきますので最後まで読んでみてください。

シャッタースピード
シャッターはカメラのセンサーに取り込む光の量を、シャッターを開けている時間によって調整する機能です。
カメラで写真を撮るということは、目の前にある光を カメラに取り込む事をいいます。光が全く無いところでは、当然何も写りません。
シャッタースピードを遅くすれば、よりたくさんの光を取り込む事が出来るので、弱い光を写す事ができます、早くすれば強い光をコントロールする事も出来ます。シャッタースピードを遅くすると、カメラのセンサーにかかる負荷の時間も長くなるので、熱が発生して ノイズが発生しやすくなります。カメラに長時間露光ノイズを除去する機能があるので、ONにすると、ノイズを除去することができます。除去にはシャッタースピードと同じだけ時間がかかるので、連続して撮ることはできなくなります。

感度
カメラの感度とは、センサーの感度の事です。ISO感度(イソ感度)と表現します。センサーの感度を高くすると弱い光も認識する様になります。感度を上げるといい事ばかりではありません。センサーの感度を高くすると、センサーに負荷がかかります、センサーに大きな負荷がかかると熱が発生して その影響でノイズが発生しやすくなります。カメラに高感度ノイズ除去機能があるので、ONにするとノイズは除去されますが 時間がかかるので、連続して撮る事ができなくなります。

絞り
シャッタースピードも感度もカメラ本体側の調整ですが、残る 絞りは レンズ側での調整になります。目の瞳孔の働きをする機能です。光の通る穴の大きさを調整して、明るさを調整します。絞りにはもう一つ機能があって、レンズのピントの合う範囲「被写界深度」を調整できます。絞りを開ける「解放」させると被写界深度が浅くなって、ピントの合う範囲が狭くなります。 ピントの合っている所以外がボケる感じになります。 逆に 絞りを絞って 光の通る穴を狭くすると、被写界深度が深くなる。つまりピントの合っている範囲が広くなります。パンフォーカスと言って絞りを絞って撮る事で遠近感のある景色全体にピントを合わせて撮る方法も、この絞りを調整して撮ります。

この3つの機能を組み合わせて、写真を撮ります。では 、どう調整すればいいのか? そこが一番大事な部分ですよね。

露出をどのように決めるか


迷ったら「P」で
組み合わせが無限にある露出をどの様に決定すれば良いか、解決法を探っていきましょう。
まず、一番簡単なのはカメラ任せにすることです。カメラにはモードダイヤルがあります。それを「P」にしてみましょう。P=プログラムオートというモードです。カメラが その場の被写体に最適なシャッタースピードと絞りを選んでくれます。あと残る露出は感度(ISO)です。ISOも「Auto」が選べます。これで 全てカメラ任せにになります。どんな設定がいいかわからない場合は、とりあえずこの設定で撮ってみましょう。これで今現在の環境下での露出の基準ができます。

露出を設定している余裕が無かったり、明るい場所や暗い場所など状況が変わる様な場合は、もうこの設定でいきましょう。写真をちゃんと撮ることができます。露出の事は気にしないで、構図とピントに集中できます。
露出の設定にこだわって、黒つぶれや白飛び ピンボケの写真では残念な結果になってしまいますよね。

露出を自分で決めていく
次のステップです。 露出を自分で決めていきましょう。最初に決める露出はISO感度です。
モードは「P」で ISO感度を100〜200程度に設定してみましょう。 感度は低い方が写真が綺麗に撮れます。 その時注目したいのが シャッタースピードです。
シャッタースピードが遅くなりすぎると、手ブレの原因になります。その場合は、三脚を使うか感度を上げる必要があります。その目安となるシャッタースピードは 35mm換算50mmのレンズを付けている場合シャッタースピードは1/50です。例えばAPS-C機の場合100mmのレンズは換算150〜160mm(メーカーによって変換係数が異なります)になるので 手持ちのシャッタースピード限界は1/150程度になります。
Pモードで シャッタースピードが遅くなってしまった場合は、ISO感度を上げていきましょう。
しばらくこの方法で撮影して、露出の感覚を覚えていきましょう。

Pモードからの卒業

Pモードで露出に慣れてきたら、次のステップです。 もう一つ露出を自分で決めていきましょう。Pモードで自分が撮る写真に合ったISO感度がわかってきたと思います。ISO感度はそのままの設定で、次に 自分でどの露出を調整したいかを決めましょう。 シャッタースピードを調整したいか、絞りを決めて撮影したいか です。
絞り開放でボケを綺麗に出した写真が撮りたい場合は 絞り優先モードへ
動きのある被写体を、動きに合わせたり流したり表現しながら撮りたい場合は、シャッタースピード優先モードへ
あなたはどちらでしょうか? それとも
全てを自分の思い通りの設定で撮る。マニュアルモードへ
マニュアルモードでも難しくはありませんよ。まず日中の通常の撮影であれば ISO感度は100〜200で大丈夫です。確実さを求めるのなら高めに設定しておきましょう。屋内での撮影や、夜景の撮影なら400〜800ぐらいに、星なら1600程度に設定しましょう。次に絞り、これはピントの幅をどうするかによって決めてしまいましょう。前後をボケさせるなら、解放付近で。全体的にピントを合わせたいならF8〜11程度に設定しましょう。最後にシャッタースピードをちょうどいい明るさになる様に調整します。 簡単でしょ。
ここまでこれば、あなたは思い通りの写真を撮ることが出来るようになっています。 どんどんいろんなシーンで試してみて、さらに腕を磨いていきましょう。