最高のカメラバックへの道


カメラバック どんな物を使っていますか?
皆さんはカメラを持って 出かける時に カメラをどの様に持ち歩いていますか? 使っているカメラによって変わってくるのかと思います。
コンパクトカメラ(コンデジ)やスマートフォン(スマホ)で撮影している方は、普段使っているバックに入れれたり、ポケットに入れて持ち歩く事も出来ますね。 
一眼レフカメラやミラーレスカメラの様に少し大きくなってくると カメラ専用に作られた カメラバックが必要になってきたりもします。
ここでは、そんなカメラバックについて考えていきたいと思います。自分の使い方に合ったお気に入りのカメラバックを見つけてください。

カメラバックの必要性
皆さんはカメラを持ち運ぶ時にカメラバックを使っていますか?何でカメラバックが必要なのでしょう?それは、精密機械であるカメラを安心して安全に持ち運ぶためです。カメラバックはバック本体が厚手のクッションに覆われていて、外部からの衝撃から守ることができます。また、中に仕切りが付いていて、持ち運ぶ機材の種類や量によって移動させることができる様になっています。機材やカメラがカメラバックの中で転がったり、ぶつかったりしないような作りになっています。
バックの種類
カメラバックと ひとくくりに言いましても いろんな種類の物があります。
ショルダーバックタイプ・スリングバックタイプ・トートバッグタイプ・バックパックタイプ・インナーバックタイプ など 迷ってしまいますよね。それぞれのタイプのバックの特徴をまとめていきましょう。

ショルダーバックタイプ

肩からかけるタイプのバックです。 上蓋がかぶさっているものや、ジップで開閉するタイプがあります。 カメラの取り出しや レンズの交換などは、しやすいです。 片方の肩で担ぐため、重いものを入れると疲れる。肩紐が長いので 前屈みなど体の向きを変えるとバックが落ちてきたりする。バックの位置が安定しない。

スリングバックタイプ

ショルダーバックと同じく、ワンショルダーのバック 肩紐の調整が簡単に出来て 身体に密着させることができる 為安定させることができる。 片側の肩に荷重がかかるので長時間だと辛いことも。 腰ベルトが付いているものもある これが有ると荷重が分散されて楽に持つことができる。カメラの出し入れ、レンズ交換は素早く出来る。

トートバッグタイプ

手で持ったり、肩にかけたりするバック。 安定感は無い。手に持つと片手が塞がれてしまうため、撮影に影響するかも。 出し入れが楽。 他の荷物も入れることができるので、普段使いもできる。

バックパックタイプ

重たい機材を持って長時間の移動がある場合は、安定して持つことが出来て、身体への負担も少ない。出し入れが 背面のタイプは、大量の機材をきっちり収納出来るが、出し入れする時に、バックパックを降ろさないと出来ないので、素早い取り出しやレンズ交換が頻繁な方は、大変です。 側面取り出しタイプの物は、収納量は減るが、素早くカメラの出し入れが出来たり、レンズの交換が可能なので、頻繁に出し入れやレンズ交換をする方はこちらのタイプをお勧めします。

インナーバックタイプ

厚手のクッションで覆われた小型ケース。 普段使っているバックに入れてカメラバックにする事が出来る。いかにもカメラバックという様なごつい外観が苦手な方は、好きなバックをカメラバックに出来るアイテムです。取り出して保存用のケースとしても使えます。インナーバックも大きさや色・形状様々あります。自分にあった物を探してみましょう。
インナーバックでもある程度の場所は取ってしまうので、もっとコンパクトにしたい方は クッション性能がある布でカメラを包んでしまう方法もあります。専用のクロスも出ています。

カメラバックに何を求めますか?

これだけ種類のあるカメラバック。どう選べばいいのでしょう。自分に合ったカメラバックの選び方のコツをまとめてみました。
カメラ・レンズ等の取り出し頻度は
撮りたいときにすぐにカメラを取り出したい。レンズの交換をスムーズにおこないたい。または、収納や運びやすさ重視なのかによって、カメラバックの選択形状は変わってきます。出し入れが頻繁な方やすぐにレンズ交換をしたい方は、速写タイプのバックを選ぶといいかと思います。バックパック型の背面部分での出し入れのタイプのものは 向かないかもです。 
●普段使っているバックの形は?
皆さんそれぞれ、好きなバックの形は違うと思います。 普段使っているバックと同じタイプのものを選ぶと、慣れているので使いやすいと思います。
●収納する機材の量は?
カメラバックは中の機材がぶつかり合わない様に、クッションの付いた仕切で仕切られています。その為、入れる事ができる機材の量はほぼ決まっています。メインで使うなら、少し余裕を持って大きさを選んだ方がいいと思います。
●カメラバックに何を求めますか?
重い機材を楽に持って移動する事が最優先なのか、カメラやレンズの取り出しや交換がスムーズにおこなえるバックがいいのか。デザインやお気に入りのメーカー最優先でいくのか。
●何が我慢できますか?
自分にパーフェクトなカメラバックは、まず無いと思います。使っていてもどこか我慢が必要です。では、どこが我慢できるのかを考えておくことも大事です。

ここまで考えれば、かなり絞れてきましたので、自分の求めるカメラバックが見えてきたと思います。あとは店舗で実際に見てみたり、仲間が使っているバックを見せてもらったり、ネットで探してみて、納得できるバックを探してみましょう。

とは言いましても、私もカメラバックを1つに絞っているわけではありません。上の写真は私が現在メインで使っているカメラバック達です。小型ショルダーバックタイプ、スリングバックタイプ大・小、バックパックタイプ、それから ショルダーバックタイプのレザーの物を現在注文製作中です。 絞りきれてませんね。

私がカメラバックに求める条件
私がカメラバックに求める条件をあげていくと、
①カメラやレンズの出し入れがしやすい。
②見た目がカッコいい
最低限の条件です。欲を言えばキリがないので。
この条件で どんなカメラバックを選んだのか、順を追って説明していきます。
最初に購入したのは、incase Ari Marcopoulos カメラバックです。もうこれは一目惚れでした。使い勝手は60点でしょうか。収納量が少ないです レンズ付き一眼レフ・交換レンズ1本・財布等小物 これでいっぱいです。でも、気に入ってます。

次に購入したのは、Peak Design エブリデイバックパック20Lです。30Lと迷いましたが、今思えば大きいほうにしておけば良かった。収納量は手持ち機材ピッタリです。レンズ付き一眼レフ2台+望遠レンズ 又は、レンズ付き一眼レフ・交換レンズ3本・ミニ三脚 こんな感じです。 取り出しも横から出せるので素早くいけます。85点です。 多分30Lの方なら90点ぐらいかもです。

次の購入したのは、Incase DSLR Sling pro です。
このカメラバックはずっと気になっていて、気がついた時には廃盤になってしまっていました。そこからも探してやっとアメリカに新品があったので送ってもらいました。 容量が大きくて使いやすいです。今現在メインで使っています。レンズ付き一眼レフ2台・交換レンズ3本・ミニ三脚・小物類全部入って余裕です。すごい重さになります。これは80点ですね。意外と低い点数

次に購入したのは、Off toko 2styleメッセンジャーです。大げさな大きなバックを持って行くほどではない時用の小さなでもしっかりと入るバックです。レンズ付き一眼レフ・財布等小物です。80点ですね。

今 注文しているのが、革製のショルダータイプのカメラバックです。手持ちのカメラバックがカジュアル過ぎるので、落ち着いた感じのカメラバックが欲しくて、出来上がるのを待っています。しばらくかかる様です。

カメラバックにカメラを入れる時の注意点

カメラをカメラバックに入れる時注意しなければいけない点があります。なぜカメラを持ち運ぶ時にカメラバックが必要なのか。カメラバックを使うと安心してカメラを持ち運べるからです。でも正しく使わないと、カメラを壊してしまいます。

カメラが動かないように入れておく。

カメラバックに入れていればどんな状態でもいいわけではありません。カメラバックを使う理由は衝撃からカメラやレンズを守るためです。外部からの衝撃は守れても、中でカメラが転がっていては意味がありません。仕切りを使ってカメラが動かないようにしましょう。

カメラのマウント部分に力がかからないようにする。

カメラにレンズをつけた状態でカメラバックに入れる場合、特に注意しなければいけないのが、カメラ本体とレンズのつなぎ目「マウント」です。一番力がかかり、かつ繊細な場所です。取り付けているレンズに力がかからないような収納方法をしましょう。これはカメラを置く時も同じです。カメラを置いた時にレンズが床面についているとマウントに負担がかかっている状態になります。


私のカメラバックを求める旅は これで終わるのでしょうか?  変化がありましたら、追記していきたいと思います。

皆さんのカメラバック遍歴はいかがでしょうか?最終的に行き着いた究極のカメラバック教えてください。