はじめての本格カメラ どう選べば良いのか


「カメラ」皆さんは何を使っていますか?スマートフォン(スマホ)のカメラですか? コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)ですか?それとも一眼レフカメラですか?ミラーレスカメラでしょうか?これから本格的にカメラを楽しもうと考えている皆さんに カメラ選びのアドバイスを、私なりの考えでしていきたいと思います。
とは言いましても、ここに挙げるのはほんの一例です。自分に当てはまる方もいれば、的外れだなと感じる方もいると思います。少しでも参考になれば幸いです。

◇重いカメラは要らない スマホカメラ最高 なのか
まず 本格カメラの最大のライバルとなる スマホのカメラ性能について簡単にまとめてみます。最近発表されたIphone11pro 背面にはカメラが3個も付いてます! レンズ性能は35mm換算で超広角13mmF2.4 標準26mmF1.8 望遠?52mmF2.0 10倍デジタルズーム付き 1200万画素  動画4K 60fps も撮影可能  もう 最強じゃないですか! その中から弱点を探っていくと、まず画素数です。SNSにあげる前提なのでしょう 気軽に撮ってアップするにはいい画素数ですが、写真を作品としてプリントする場合を考えるともう少し高画素の方がいいですね。それから、望遠側が苦手のようですね。52mmでは物足りないです。10倍デジタルズームが付いてるよ と思うかもしれませんが、デジタルズームは1200万画素で撮った写真を拡大して見た時と同じです、つまりトリミングしていくのと同じです。後からトリミングするよりは少し綺麗ですが、画素数は落ちてしまいます。
あとは、センサーサイズが小さいのでボケ具合や色の階調が大きなセンサーのカメラと比べると鈍くなりますね。とは言っても、普通で考えて カメラ本体と単焦点レンズ3本を持ち歩くと考えると 画期的ではあります。

カメラで何を撮りたいか?

    普段のカバンに入るサイズは?

カメラを選ぶときに 自分がどんな感じでカメラを楽しみたいか、何を撮りたいかを考えてみるとより具体的に選択肢が絞れてくると思います。風景を撮りたいのか、子供を撮りたいのか、飛行機や電車などの動いているものを撮りたいのか、ポートレイトが撮りたいのか。次に 持ち運びに関して考えていきましょう。普段出かける時の荷物は 手ぶらに近いですか? 割と大きなカバンで出かけていますか?
この2点がカメラを選ぶ時の重要なキーワードになってきます。

では、上で挙げたキーワードについて細かくみていきましょう。
カメラで何が撮りたいか
カメラを選ぶ上で大きく性能を分けるのが、動き物に強いか、広角側に強いか、望遠に強いか、などが考えられます。子供やペット スポーツや乗り物系の撮影を考えている方は、ピント合わせの性能の良いカメラを選ぶ必要があります。レンズもピント合わせの早い物が必要です。またある程度の望遠性能もあると助かります。選択を間違えると 走り回る子供は思うように撮れません。
一方、旅のスナップや 風景、もしくはポートレイトの様に止まっている被写体を撮る事を考えている方は、持ち運びや画素数メインで選ぶ方がいいと思います。
オールマイティーに全てを網羅したカメラを と考えている方は、持ち運びやすいサイズ感とピント合わせの性能で選んでみるといいかもです。

いちばん大事なのは気軽に持ち出せるか
カメラ選びで いちばん大事なのは、自分が選ぼうとしているカメラを 普段の荷物から考えて 気軽に持ち出すことができるサイズか、重さは気にならないか です。カメラを楽しみたい方が 長続きしない理由が カメラが大きくて重くて、持ち出すのがめんどくさい。です。カメラを持ち出さなければ写真は撮れません。スマホのカメラの性能が上がるのは、いちばん気軽に持ち出せるカメラだからです。スマホのカメラより もう少しちゃんと撮りたい、撮る事を楽しみたい、いい写真を撮りたい、残したい と考えている方は、どのサイズなら自分が気にせずに持ち出せるかを じっくりと考えてみてください。

できればモード選択の付いたカメラを
自分に合ったカメラのサイズが決まったら、機種を選んでいくのですが、可能なら モード選択ダイヤルが付いたモデルを選んでみてはいかがでしょうか。モード選択ダイヤルとは、撮影モードでオートではない露出を自分で設定できる機能が付いたカメラです。ダイヤルに「P」「M」「A」などの文字が付いている物です。フルオートのモードは確かに便利でシャッターを押すだけでちゃんと写真が撮れます。 これ凄く大切な事で、ちゃんと撮れないと全く無駄になってしまいますから。でも、カメラに慣れてきた頃 少し物足りなくなってきたりします。その時に露出設定ダイヤルがあるとより深いカメラの世界に入っていくことができます。

レンズ交換式のカメラを選ぶ
レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラを選ぶ場合 購入方法がいくつかあります。 カメラ本体とレンズを別で買う方法。 これは、自分で好きなレンズを選んで買うことになります。少しカメラやレンズの知識と労力がいります。もう一つの方法が キットレンズ付きのカメラ本体を買う方法です。カメラ本体とレンズが付いてきます。一般的にはカメラ本体と標準ズームレンズのセットになります。中にはカメラ本体と標準ズームレンズ・望遠ズームレンズのセットもあります。
このキットレンズと言われるレンズ 長い目で見るといずれ使わなくなってしまう人もいるのですが、とりあえずのレンズが無いと 写真が撮れません。標準ズームレンズと望遠ズームレンズがセットの物は、これだけでほぼ何でも撮れてしまいます。子供の運動会から普段のスナップ写真まで。
カメラが手元にやってきて、その時にレンズが無いでは悲しいので、ここはキットレンズ付きを選んで、まずは写真を撮る事を楽しみましょう。

◇いかにして気軽に楽しむか
デジタルカメラが主流となった現代において、写真を撮るという事は本当に気軽な事になったと思います。失敗を恐れる事なくどんどん撮ってその場で確認もできますからね。カメラにハマるか、しまい込んでしまって使わなくなるかは、いかに気軽に持ち出せるかどうかです。本当にここが大事です。これを間違えるとせっかく買ったのに全然使ってないな、ってことになってしまいます。自分のスタイルに合ったカメラを選んで、どんどん持ち出してどんどん使っていきましょう。今まで出会ったことのない素敵な世界に出会えるかもしれませんよ。是非カメラのある生活を楽しんでください。